水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ

 

水をつくる社員ブログ

2017.05.09

 

    水処理サロン その55          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  E : 営業担当    42才            
                   
T 「永らく続いた水処理サロンですが、今回で、55回記念となりました。^^」    
                   
E 「中途半端ですね。5年ですね。よく、がんばりましたね~。」      
                   
T 「その間、コメント書き込みOKにしようとして、断念したり・・・」      
                   
E 「HPの書き込み欄を増設するのに、費用がかかるんでしたね。」      
                   
T 「まあ、いろいろと指摘してくれる人もいるので、作っても良かったんですが・・・」    
                   
E 「いや~、きっと炎上するでしょう?」          
                   
T 「するかね、やっぱり。で、どこに何を書いたか解らんので、過去ログリスト付けとくよ。」  
                   
E 「ま、お休みみたいなモノですね・・・・」   T 「こらっ。」    
                   
  2012年 2月 生物処理とDO 2015年 1月 沈降傾斜板(1)  
                   
    3月 アクアブラスター   2月 沈降傾斜板(2)  
                   
    6月 加圧浮上ユニット   3月 廃棄物法(1)  
                   
    9月 自動希釈装置   4月 廃棄物法(2)  
                   
    10月 酸素消費速度   6月 廃棄物法(3)  
                   
    12月 MBRの閉塞   7月 廃棄物法(4)  
                   
  2013年 1月 有機物量の測定   8月 pHセンサー(1)  
                   
    2月 凝集のランニングコスト   9月 pHセンサー(2)  
                   
    3月 消石灰の用途   10月 pHセンサー(3)  
                   
    4月 CODの処理   11月 ボルトナット規格  
                   
    5月 流動担体(1) 2016年 1月 耐蝕(1)    
                   
    6月 流動担体(2)   2月 耐蝕(2)    
                   
    8月 戦艦大和     3月 耐蝕(3)    
                   
    9月 Rr測定法     4月 耐蝕(4)    
                   
    10月 フェントン酸化   5月 耐蝕(5)    
                   
    11月 10^3について   6月 PEタンク    
                   
    12月 リン処理     8月 オーステナイト  
                   
  2014年 1月 N処理(1)     9月 毒劇物    
                   
    2月 CN処理     10月 ガルバニック電触  
                   
    3月 N処理(2)     11月 保温材(1)  
                   
    4月 下水道法?   12月 保温材(2)  
                   
    5月 MRB+担体 2017年 1月 保温材(3)  
                   
    6月 F処理            
                   
    7月 運送法(1)          
                   
    8月 運送法(2)          
                   
    9月 B処理            
                   
    10月 Sb処理            
                   
    11月 沈殿槽(1)          
                   
    12月 沈殿槽(2)          
                   
    - 次回へ続くきますが、充電期間と致します。 しばらく、お待ち下さい。 -  
                   

 

2017.01.21

 

    水処理サロン その54          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  Y : 電気設計担当    42才            
                   
Y 「保温材の続き行きますよ~。」            
                   
T 「はいはい、どうぞ。また、コピペやね~^^」          
                   
Y 「前回は、保温保護のカラー鉄板まで行きましたね。他に何がありますか?」    
                   
T 「はい、昔からある、ステンレス鋼板が高級品ですね。これには、通常の2B仕上げと  
    バフ仕上げ品があります。」            
                   
Y 「2B仕上げ?2B仕上げとはなんですか?」          
                   
T 「圧延酸洗いしたステンレス鋼板が2D仕上げで、それを鏡面ローラーで再圧延したのが2B品
      ですが、一般的にステンレス水槽等の素材は2B品ですよ。」      
                   
Y 「ふーん、少しにぶいつや消し表面なやつですね。」        
                   
T 「そうです。通常のステンレス板が、2B仕上げです。・・・仕上げてないけどね。」    
                   
Y 「バフ仕上げは、磨いてピカピカのやつですね?」        
                   
T 「そうですね。イメージは食品工場のサニタリー仕様ですね。」      
                   
Y 「これは、色分けや表示はどうするんですか?」        
                   
T 「さすがに、バフ仕上げした上に塗装はないですね。カラーアルミテープで要所に識別(色別)します。」
                   
Y 「他には、ありますか?」            
                   
T 「最近は、ガルバリウム鋼板がいいですね。耐蝕性とコスパが高いです。」    
                   
Y 「ガルバリウムって、電気ラックとかでありますよね。亜鉛とアルミニウムの合金メッキですね。」
                   
T 「はい。スーパーダイマが商品名ですが、JIS規格適合になって5年程たちます。」  
                   
Y 「ふむふむ、なるほど・・・と言う事は、これもカラーテープ色別ですか?」    
                   
T 「地色は、グレーでいい色なんですが、全面焼き付け塗装品が出てます。」    
                   
Y 「高級品では無いんですか?」            
                   
T 「それが意外に安価で、電気ラックなんかでもそうですが、そんなにカラー鉄板と差が無いです。」
                   
Y 「そうなんですか・・・・  他に保温の話あります?」        
                   
T 「ない。」                
                   
          -で、次回に続きません。-    
                   
                   

 

2016.12.31

 

    水処理サロン その53          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  Y : 電気設計担当    42才            
                   
Y 「保温材の続き行きますよ~。」            
                   
T 「はいはい、どうぞ。^^」            
                   
Y 「まずは、種類と特性からですかね?前回にグラスウールとロックウールが出てきました。」  
                   
T 「はい、グラスウールは一般的ですが、水に弱く、ガラス繊維なのでアルカリにとても弱いです。」
                   
Y 「ロックウールは、大丈夫なんですか?」          
                   
T 「水に少し強くて、アルカリには比べものにならない程、ロックウールが強いです。  
    ただ、熱伝導率は両方とも0.04W/m・℃で、同性能ですね。」      
                   
Y 「でも、ロックウールは少し割高ですね。他の材質はどうですか?」      
                   
T 「ポリスチレンフォームとケイ酸カルシウムがあります。」        
                   
Y 「それ高そうですね~?」            
                   
T 「なんか、価格ばかり気になるのね。ポリスチレンフォームは樹脂系では安価でグラスウールと
    同程度ですし、熱伝導は0.02W/m・℃で、良好です。」      
                   
Y 「へ??? じゃあ、なぜ、ポリスチレンフォーム使わないんですか?」    
                   
T 「保温筒は、同価格程度ですが、要は発泡スチロールなので、エルボやチーズ異形継ぎ手等、
    全て成形品になる分、高くなります。」          
                   
Y 「やっぱり、高いじゃないですか~。」          
                   
T 「ケイ酸カルシウムも、もちろん全て成形品なので一番高価になりますが、強度的には最高で
    経時的な耐久性も高いです。でも、以外と熱伝導は、4種の中では最弱の0.05W/m・℃です。」
                   
Y 「ふむふむ、なるほど・・・と言う事は我々は、やはり一番安物を使っていると?」    
                   
T 「人聞き悪い言い方しますね~。コスパの良いものを使用しているだけです。」  
                   
Y 「ふむふむ、じゃあ、次はラッキングなんですが、よく聞くのがカラー鉄板ですね。」  
                   
T 「そうですね。塗装された保護外装材ですが、さて、素材はなんでしょうか?」    
                   
Y 「カラーが塗装で、鉄板だから素材はSSなんじゃないですか?」      
                   
T 「いえいえ、鉄は鉄でも、実は溶融亜鉛メッキのHDZA(1種A級)鉄板です。」    
                   
Y 「それって、どぶ漬けじゃないですか?」          
                   
T 「そうですよ、別名をトタンと言いますが・・・・」          
                   
Y 「えっ、トタンってどぶ漬けだったんですか?それに塗装の下が亜鉛メッキなんて、贅沢なんですね。」  
                   
T 「まだ、少しこの話続きそうなんで、年またぎますか。皆さん来年も良いお年を~。」  
                   

 

2016.11.28

 

    水処理サロン その52          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  Y : 電気設計担当    42才            
                   
Y 「また、現場で困ってるんですけど、いいですか?」        
                   
T 「最近、がんばってるね。^^」            
                   
Y 「配管の保温筒なんですけど、40Aの25mm厚のグラスウールって、ないんですか?」  
                   
T 「昔あったんですが、規格が変わってなくなったようですよ・・・・」      
                   
Y 「でも、25Aや100Aはあるんですよ。」          
                   
T 「そうだね・・・水に強いロックウールなら、25mm厚みはあるようですよ。」    
                   
Y 「仕様書に25mm厚さのグラスウールって書いてあるんですけど・・・。」    
                   
T 「じゃあ、ないものは仕方ないから、ロックウールにすればどうですか?」    
                   
Y 「少し、高くなるじゃあないですか~?」          
                   
T 「じゃ、ちょっとプロに聞いてみようか?Kさーん。」 K 「はい、毎度~。」    
                   
Y 「社外の人って、関西人ばっかりですね。」          
                   
T 「・・・・単刀直入になんで、無くなったのか、教えて?」        
                   
K 「売れないからじゃないですか?」     T・Y 「 ほへ ?」    
                   
Y 「それだけなんですか?」            
                   
K 「そやね~、じゃあ、なんで保温するか、知ってますか?」        
                   
Y 「そりゃ凍らなくする為でしょう。」            
                   
K 「そうではないんです。どんな保温をしても、熱源を入れない限り、必ず凍ります。」  
                   
Y 「え~  と、思ったけど、そりゃそうですよね。」        
                   
K 「だから、「凍るまでの時間を引き延ばすため」 が、正解です。      
    例えば、水が止まった後、1時間で凍る20mm保温と6時間で凍る30mm保温の間の25mmが
    必要なのかと言う問題ですね。」          
                   
Y 「ほ~、なるほど。」              
                   
K 「だから、3種類の保温筒を2種類に減らした時に、中間の厚みの25mmを廃止したんでしょうね。」
                   
Y 「でも、配管口径25A以下は、今でも厚みは3種類ありますよ?」      
                   
「細管では通す液体が、水とは限らず薬品の場合も考えて、3種類残っていると思います。」  
                   
Y 「なるほど、なるほど。 Tさん、保温も結構おもしろいので、来月も続けましょうよ。」  
                   
T 「了解です。 - 次回へ続く可能性は高い。  -  としておきます。    
                   

 

2016.10.27

 

    水処理サロン その51          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  Y : 電気設計担当    42才            
                   
Y 「助けてくださ~い。」              
                   
T 「はい。水処理相談室です。どのようなご相談ですか?」        
                   
Y 「え? そんなの始めたんですか?」          
                   
T 「うそ、うそ、なんですか?」            
                   
Y 「今の現場で、SGPとSUSの配管継ぎ手を絶縁しなさいって言われてるんですけど・・・ 」  
                   
T 「異種金属絶縁ですね。実施例が社内ではあまりないし、絶縁しない事のトラブルもないですけど。」
                   
Y 「曝気槽のライザー管の接液配管がステンレスで、送気管はガス管なんです。」    
                   
T 「湿度の高い現場ですか?」            
                   
Y 「全地下構造の生物処理なんで、湿度高くて、結露多くて、絶縁悪くて、腐食多くて・・・・。」  
                   
T 「はいはい、解りました。まず、イオン化傾向の低い金属を貴金属といいます。」    
                   
Y 「プラチナや金ですね。反応しにくい材質ですよね。」        
                   
T 「そだね。で、その反対にイオン化傾向の大きな金属を卑金属といいます。」    
                   
Y 「卑金属?あまり、聞き慣れない言葉ですね?」        
                   
T 「配管に使われる材質を、傾向の少ない順に並べると、 プラチナ<金<SUS316<銀<  
    SUS304<青銅<黄銅<銅<錫<鉛<鋼・鋳鉄<ジュラルミン<アルミ<亜鉛」  
                   
Y 「金の配管ってあるんですか?」            
                   
T 「さっき出たから、並べただけです。で、このイオン化傾向の差が大きいと電位差が生じて  
    ガルバニック電流が流れます。」          
                   
Y 「ガルバニック電流って、あの、ガルバニ電池の事ですか?」      
                   
T 「まさしく、電池そのものです。で、この時、卑金属側がガルバニック腐食を起こします。」  
                   
Y 「で、どうすればいいんですか?」            
                   
T 「フランジ間は、パッキンで絶縁できているので、ボルトに絶縁ボルトを使うか、絶縁スリーブと
    絶縁ワッシャーを取り付けて下さい。」        
                   
Y 「それだけなんですね。よかった。」          
                   
T 「現実には、ステンレスのサポートと炭素鋼の配管では、サポート側が地絡しているので、  
    樹脂台座と絶縁被覆付きUボルトで固定しないといけないですね。」    
                   
Y 「ひ~。余計に、いらない事言わないで下さい~~ありがとございました~」    
                   
          - 次回へ続く可能性は無いです。  -  
                   

 

2016.09.23

 

    水処理サロン その50          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  E : 営業担当    42才            
                   
E 「60%硫酸がなぜ、希硫酸なんですか?」          
                   
T 「いきなりやね?(久しぶりに・・・)」          
                   
E 「60%の硫酸が薄いとは思わないんですが?」        
                   
T 「薄くはないよ。でも、希硫酸の希は希釈の希で、水に混ざった・・・と言う意味だよ。」  
                   
E 「えっ、そうなんですか?じゃあ70%でも?」          
                   
T 「はい。 実際には、50Be(ボーメ)の62.8%や60Beの77.7%ですけどね。」    
                   
E 「じゃあ、98%の濃硫酸っていうのもおかしくないですか?」      
                   
T 「それは、残りの2%が水ではなくて、不純物なので、濃硫酸で正解です。」    
                   
E 「ふーん、まず問題はここからで、保管するのに法的な制約ってあるんですか?」  
                   
T 「まず、濃硫酸は、毒劇物取締法で、200kg以上の保管は、届け出や資格が必要です。」  
                   
E 「それは、あまり仕事上関係ないですね。」          
                   
T 「そだね、で、工業用の硫酸については、医薬用外劇物指定なので、表示義務や保管責任者の
    選任が必要です。資格はいらないけどね。」        
                   
E 「薬品タンクに良く張ってあるやつですね。毒物と劇物ってありますよね?」    
                   
T 「はい、区分的には、マウス経口LD50で30mg/kg以下が毒物で、それ以上は劇物です。」  
                   
E 「マウス経口???」              
                   
T 「実験ラットに体重1kg当たりに、30mgの硫酸を飲まして、50%が死ぬ境界が、毒劇物の境です。」
                   
E 「ぎゃ、かわいそうに~~~ネズミの気も知らずにさらっと、言いましたね。」    
                   
T 「・・・・60%硫酸で、マウス経口50LDが2g/kgなので、劇物扱いです。」    
                   
E 「毒物の方が、より危険という事ですね。」          
                   
T 「そうですね。で、硫酸の場合は、10%以下では、医薬用外劇物でもなくなります。」  
                   
E 「へ~、表示義務もなくなるんですね。 他に、注意する事はありますか?」    
                   
T 「消防法では、60%以上の硫酸を、消火活動阻害物質としているので、届け出が必要です。」
                   
E 「ほ~ 消防検査で、薬品の配置や防液堤の構造を見ていく時がありますが、それなんですね。」
                   
T 「それと、経済産業省管轄で、化学管理物質指定というのがあって、PRTR制度に基づく有害物質の
    量的な把握管理が必要になってきています。」      
                   
E 「最近、地震や津波や、自然災害も多いですからね~。ちゃんと把握が必要ですよね。」  
                   
          - 次回へ続く可能性は無いです。  -  
                   

 

2016.08.23

 

    水処理サロン その49          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  E : 営業担当    42才            
                   
E 「ステンレスって、磁石に付かないですよね。」        
                   
T 「いきなりどうしたんですか?」            
                   
E 「SUS304の製品に磁石がひっつくって、客先からクレームが来てるんです。」    
                   
T 「ほうほう、製品はなんですか?」            
                   
E 「オールSUS304製のろ過器なんですが・・・」          
                   
T 「ほうほう、その鏡板の絞り部分とかですか?」        
                   
E 「そうなんですよ。 ・・・って、なぜ、場所まで解るんですか?」      
                   
T 「まずは、ステンレスから説明しましょう。ステンレスの全てが磁石に付かないわけではありません。」
                   
E 「え、そうなんですか?」            
                   
T 「SUS300系は、オーステナイトと言って、よく言う18-8ステンレスです。」    
                   
E 「18-8?」     T 「18%クロム、8%ニッケル合金です。」    
                   
T 「で、オーステナイトだけ磁石に付きません。後のマルテンサイト系やフェライト系の400番台は
    磁石に付きます。」            
                   
E 「でも、そのSUS304に、磁石がひっつくんで、困っているんです。」      
                   
T 「合金時、冷却の早さや炭素成分の分布により組成が決定しますが、SUS304は磁性の向きが
    バラバラで磁石に付きませんが、強い圧力や温度変化により、磁性が揃う事があります。」
                   
E 「で、鏡板の絞り部分が、1番磁化しやすいという事ですか・・・・」      
                   
T 「そうですね、そこから想像すると、鏡板の径は小さい方が、鏡板の厚みは厚い方が、  
    磁性が強くなるでしょうね。」          
                   
E 「それ、元に戻す事はできないんですか?」          
                   
T 「もともと、外的な力に対しては磁性は揃う方向が自然なので、手を加えれば加えるほど  
    磁石に付きやすくなります。」          
                   
E 「じゃ~、無理なんですね。」   T 「無理です。」      
                   
T 「ただ、外的力が加わらないと磁性がバラけるとか、磁区が小さくループ化するとかで、だんだん
    磁性は弱くなると思うので、時間待ってもらえば、いいんじゃないですか。」  
                   
E 「それ、客先に説明してもらえませんか?」          
                   
T 「自分でしなさい。 あ~そうそう、鏡板の中央は磁石に付かないから、それで説得して下さい。」
                   
E 「は~ ⤵ ⤵ ⤵ ⤵ 。」              
                   
          - 次回へ続く可能性は無いです。  -  

 

2016.06.21
    水処理サロン その48               

T : プラント設計担当   53才                  
E : 営業担当       42才


E 「今日のポリエチレンタンクの勉強会よかったですね。」

 

T 「うんうん、知らない事もあったね。^^」

 

E 「ポリエチレンタンクの劣化試験なんてあったんですね。」

 

T 「末端置換基の酸素を含むカルボニル基の含有量で、経時劣化を数値化してるみたいね。」

 

E 「それ難しいですね。」

 

T 「もともと、ポリエチレンはエチレン重合体でLDPE(低密度ポリエチレン)でも同じ、構成なので酸素は
  含まないから、古くなって酸素と結合した量を測っているんでしょうね。」

E 「FT-IR:フーリエ変換型赤外分光測定って、言ってましたけど、なんなんですか?」

 

T 「有機化合物は、特有の赤外線波長を吸収するので、その波長で、組成の判定をするらしいです。」

 

E 「ポリエチレンの新品と旧品の比較分析データってあるんですが・・・・」

 

T 「まずね、たぶんだよ・・・2900カイザー(cm^-1)のピークは、主組成のC-H結合の吸収量だよ。」

 

E 「カイザーは、単位から言って波長ですね。」

 

T 「おっ、やるね、で・・・これは、波長で、3.4μmの中赤外線域ですね。」

 

E 「ん~UV計の紫外線吸光度と似たようなもんですか?」

 

T 「・・・(無視)・・・で・・・1000カイザー(cm^-1)付近は、重合分岐点のC-C結合の量かな。」

 

E 「(無視かよ。) もう、かなり理解不能です。」

 

T 「で、問題のカルボニル基がC=O結合で、1720カイザー付近の吸収にピークが出ると。」

 

E 「新品にはその付近にピーク無いですね。・・・で、それは、劣化しているという事ですか?」

 

T 「・・・PEタンクの設置環境によって、差が出るのは確かなんだから、そうでしょう。」

 

E 「でも、表面サンプリングだけっていうのも、なんだかしっくりこないですけど。」

 

T 「劣化診断パンフの最後に、この数値を基に引張り伸び残率50%の劣化診断を行います。って
   書いてるでしょう。こっちが、大事だね。これは、メーカーの経験則でしょうからね。
   それに、引張試験なんて破壊検査なんだから、サンプルも取れないよ。」

 

E 「まぁ、そうですね。 営業としては話のネタが増えてありがたいと、しておきます。」

 

T 「なんか、営業の鏡だね。」

 

E 「さあ、バンバン売るぞ~」

 

T 「パチパチ~。」


- 次回へ続く可能性は無いです。  -

2016.05.23

            水処理サロン その47

       T : プラント設計担当   53才

       A : 装置設計担当    43才

 

A 「前回から耐蝕の話題になっているので続けましょうよ。」

 

T 「前回と同じ入りって事は、またまたまた、コピペやね。^^」

 

A 「もう耐蝕飽きてきたので最後に、塗料でいきましょう。」

 

T 「塗料と言えば、今でもタールエポって、言っちゃいますね。」

 

A 「そうですね。発がん性でJIS規格廃止されてから、7年以上経ちますよ。」

 

T 「でも、言っちゃうね。ノンタールエポキシとも言わないのにね。」

 

A 「変性エポキシ樹脂塗装-黒ですかね。」

 

T 「でも、古い製作図なんか、SS/TEって書いてあるけど、古い図面は既得権だね。」

 

A 「え?でも、それって古いから、ホントにタールエポ塗ってますよ。」

 

T 「・・・・・・・・・・・・・・・そだね。」

 

A 「まずそのエポキシなんですが、耐蝕が強いのか弱いのか、よく解らないんですけど?」

 

T 「それは、エポキシ塗装の種類が増えて、一言でエポキシ塗料って言えなくなってるからだよ。今、製作品の外装に1番よく使う、エポキシウレタンなんて、お客さんにも評判  いいよ。」

 

A 「あ~、システム塗装ですね。」

 

T 「耐蝕的には、油性系<フタル酸系<エポキシ系<ウレタン系<塩化ゴム系<ポリエステル系 他にも種類はあると思うけど、一般に現場で使うのはこんな感じ。」

 

A 「樹脂系で、1液性っていうのもありますけど、あまり良くないですね。」

 

T 「タッチアップとかに使う事あるけど、基本的には使わないよ。」

 

A 「耐蝕順位に、マリンペイントってありませんけど、よく言ってません?」

 

T 「それもタールエポと同じで、古い呼び方ですね。船底の塗装用で塩害に強い+カキ付着防止に 鉛や錫含有ってシロモノですよね。」

 

A 「船に使うから、マリンペイント・・・じゃあ、今ではポリエステルのFRP系ですね。」

 

T 「ええ、それと、無害の酸化チタンや抗菌剤含有で生物付着防止用塗料ってあるみたいですね。」

 

A 「最後に、塗装膜厚試験じゃなくて、塗膜強度試験って知ってますか?」

 

T 「カッターで傷つけて、粘着テープで剥がすやつですよね。」

 

A 「クロスカット法って、以前碁盤目試験法って言ってたJIS試験ですね。やった事ありますか?」

 

T 「ユーザーに言われてやってみたけど、判定解らずグダグダでしたわ。(キッパリ)。」

 

A 「キッパリって?」              - 次回へ続く可能性は低い  -

2016.04.25

水処理サロン その46

T : プラント設計担当   53才
A : 装置設計担当    43才

A 「前回から耐蝕の話題になっているので続けましょうよ。」

T 「前回と同じ入りって事は、またまた、コピペやね。^^」

A 「前回は、PVCで話が逸れたんで、耐蝕の樹脂いきましょう。」

T 「そうです・・・ね・・・。」

A 「仕事上出てくる樹脂は、PVC、PE、PP、ABS、PVDF、ETFE、PTFE・・・」

T 「種類がありすぎるので、被耐蝕性で進めましょうよ。」

A 「そんな言葉あるんですか?。」 T  「今、造った。」

A 「・・・で・・・例えば、耐酸性が低いのは・・・て、感じですか?」

T 「樹脂は、基本耐薬品性に優れているからね~、その中でもナイロンかな。」

A 「ナイロンなんて、使いますか? ストッキングくらいしか思いつかないですけど。」

T 「レーキの水中軸受けのMCナイロン。これ接液、酸系は不可です。」

A 「酸性凝沈とか?」 T  「そんなのないね・・・・」

A 「じゃ、次は塩素系はどうですか?」

T 「比較的、ポリプロピレンが弱いですか?」

A 「ちょっと自信なくて、疑問型になってますよ、大丈夫ですか?」

T 「だから、樹脂は元々・・・・・次、溶剤系は、以外とPVDFとか?」

A 「また、?付いてますよ。それ、出典どこから出てるんですか?」

T 「ああ、それ、いい質問ですね。Aさんは耐蝕表いくつ持ってます。」

A 「5種類くらいですか。」 T  「私、11種類です。エヘン!」

A 「多ければ、いいってもんじゃないでしょうに~。」  

T 「多くの耐蝕表を使っているのは、同じ項目でも資料によって、評価が違うのがよくあるんです。」

A 「ああ、ありますね。◎はだいたい◎ですが、○△×なんて、入り乱れてますね。^^」

T 「だから、たくさん見較べないと心配なんですよね。○5対×3で耐蝕OK・・・な感じで。」

A (なんか、内容がいい加減になってきたかな?)

- 次回へ続く可能性が高い  -

 
Page Top